アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Banchan
ブログ紹介
掲示板がスパム書き込みで荒らされるのでブログに引っ越しました。身の回りの出来事や村松スキークラブの情報を中心に掲載していますのでご笑覧下さい。
zoom RSS

近況など

2018/03/24 18:59
3月17日に三川を滑ったのを最後に雪の上に立っていません。
タンボの育苗の準備作業や雪囲い撤去などで、すっかり百姓モードに切り替わっています。(笑)
今日、ようやく育苗ハウスの雪が消えました。

スキーネタをふたつ。

知人から、スキーの指定選手だった女性が村松に転居してきて
スキークラブに入ってもよいと言っているという情報が寄せられましたので
近々、お会いしてみようと思っています。
指定選手だから競技歴ありと思います。
SAJの指定選手なのか県の指定なのかで全然違いますが、まずは面談です。

ふたつめはジュニア技術選です。
24〜25日にルスツで開催される大会に
三川で知り合った村木君(高校生)がエントリーしましたので、成績を追跡したいと思っています。
村木君はスキーのイントラになるのが夢で、派手な白と赤のウェアで毎週末に三川に通ってきました。
ビブは190です。
ご声援よろしく〜!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新保カップスキー大会(GSLタイムレース+技術選)報告

2018/03/05 19:28
3月4日(日)
三川温泉スキー場で新保カップスキー大会を開催しました。
前半はGSL、後半はミニ技術選という内容です。
参加者は写真のとおりで、少々淋しい人数となりましたが、快晴の中、スキーを楽しみました。

GSLの部は、飛び入りの明間選手がトップとなりましたが
参考タイムのため、2年連続で高橋真衣美選手の優勝。
2位が斉藤敬選手、3位が松尾信秋選手となりましたが
他の選手は年々高齢化しており高橋選手に勝つことができるのか・・・来年の大会に期待です。

後半の技術選は、こちらも高橋真衣美選手の優勝になりました。
2位が斉藤敬選手、3位が松尾信一選手で、速いものは美しい・・・ということでしょうか。

参加者が少ないとポールバーンのセットが大変ですが、全員で力をあわせて頑張りました。
今年はスノーセメント(硫安)の散布に番場会長が動噴を持参しました。
「過去最高のバーンコンディションだった」・・・はセッターの松尾信一選手のコメント。
実に暖かい日でした。

終了後の懇親会に「目黒さんテク合格」というニュースが飛び込んできました。
おめでとう!・・・それも八海山だし・・・

画像

画像

画像


大会終了後は、飛び入りでバッジテストの前走をつとめました。
1級の不整地小回りです。
少々荒い画像です。
画像

動画から切り出した画像もう一枚追加します。
滑り手としては・・・「ヒザに大変悪いです」(笑)
画像

さらに一枚追加しました。
今日(3/7)も天気に誘われて三川をだいぶ滑りました。
コブは入りませんでしたが、ヒザ痛〜!
水がたまる一歩手前です。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続 妙高国体

2018/02/26 19:51
妙高国体の続編です。

役員にはスキーウェアが支給されます。
今回のウェアはポンチョです。(帽子=キャップも支給されました。)
下部分が内側に折り込まれており、伸ばすと長くなります。
新潟だからオンヨネかなと思いましたらMIZUNOの製品でした。
中綿入りのやや厚手でなかなか機能的なグッズです。
画像


下の写真はスタート横のエリアで待機中のコース係の写真です。
スタート脇に待機して整備指示があると一斉に出動します。
支給されたウェアの上に、コース係は緑色、旗門員は赤色のベストを着用しています。
(一見して係がわかるように貸与されています。)
旗門員は、コースオープン時は旗門がありませんので
コース係の手伝いをしたりコースオープンを滑る選手のマテリアルチェックとコールを担当していました。
マテリアルチェックは、板、ヘルメット、ビブです。
画像


下の写真は滑る選手を見学中の自衛隊員です。(赤いベストなので旗門員)
40人規模の自衛隊員が大会に派遣され、旗門員とコース係に配属されました。
若い隊員ばかりですので率先して動いてくれて作業では大変助かりました。
何人かの隊員と会話しましたが、皆真面目です。
スキー板は、部隊支給でなく先輩が譲ってくれるようで
カービング前の2メーターの板を使っている隊員もいました。
スキーもなかなか上手でした。(感謝)
画像


・・・と私が回想録を書いているうちに
「天候は快晴。いよいよ競技が始まりました」というメールが2月26日から役員に出役している
桐生氏から届きました。お疲れ様〜!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妙高国体

2018/02/25 20:44
2月24日〜25日 妙高国体の競技役員(GSLのコース係)に行ってきました。
2日間とも大会開催前のコースオープンのコース整備です。

注)コースオープン
=大会バーンを選手が一定時間毎にスタートしてコースの下見のための滑走をすること。旗門はありません。

使用コースは赤倉のチャンピオンコースです。
役員の出役確認が午前6時30分、リフト乗車指定時刻が午前7時でした。
宿舎で5時頃朝食をとり、早めの出役確認を受け、6時30分に新赤倉のゴンドラ乗り場に到着しますが
まだ、日の出前で薄暗いです。
(コースオープン時間が決まっているためコース整備が間に合うように早い時間からの作業開始です。)
画像

画像

スタートハウスからは15秒間隔で選手がスタートします。
下はスタート近くのチャンピオン上部です。
赤倉のまちに飛び込むようにスタートしていきます。
途中3箇所に大きなウェーブが作られていました。(写真では確認できません。)
画像
画像

ゴール周辺には小学校の生徒が作成した応援のぼりがたくさん掲出されていました。
実にほほえましいですね。
画像

2月24日は殆ど朝の降雪が無かったため、コース整備の回数は4回でした。
コース整備は、V字の隊列で片プルークでゲレンデの雪を排雪します。(急斜面は横滑り)
チャンピオンコースをノンストップで下までプルークですから疲れます。
所要時間は数分程度で間隔をあけないよう指示がとびます。
(間隔をあけるときれいに排雪できない・・・)
V字は先頭のリーダーから左右に分かれるのですが
左右の呼び名が最初は「上越側」と「長野側」でしたが
そのうちに「なかまち側」と「ごんどう側」という呼び方に変わりました。
意味を確認しましたら「なかまち」は上越市にある飲み屋街で、「ごんどう」は長野市の飲み屋街だそうです。
リーダーが地元赤倉のスクールの皆さんなのでいつの間にか飲み屋街の名前で方向を表現してました。(笑)

2日目の25日は朝までに20センチ降ったのでコースは柔らかめで、頻繁にコース整備がありました。
そして、この日の最後の作業はネット際に集まった雪の掻きだし作業。(下の写真)
・・・なんと、あのチャンピオンコースを上から下までスキーをつけないで歩いて作業。
高速リフト1本分を全員で歩いての雪出しですから疲れました。

もちろん、チャンピオンコースを歩いて下るのは初めてです。
スキーが「便利な乗り物」であることをあらためて認識しました。
画像


・・・という大会役員奮戦記でした。

話に聞いてはいましたが、赤倉は実に外国人のお客さんが多いです。
3割位は外国人の方で、ゲレンデじゅうに英語が飛び交っていました。
久しぶりの赤倉は、外国人から愛されるスキー「リゾート」に変わっていました。
土日でしたが客入りは少ないです。赤倉というと混雑のイメージがありましたが客数は減っているようでした。

そして今回の役員従事のささやかな楽しみは、有名な選手の滑りを見ることでしたが
ねらっていた選手(吉岡・藤井・佐藤栄一・布施峰)が滑るときは、いつもコース整備後のリフト移動中で
見ることができませんでした。残念!
・・・しかし、一昨年、猪苗代リゾートのゴンドラで一緒になった福島県の女子大生の滑りは
見ることができました。(感激)

背中に「JAPAN」の選手もたくさんいました。国体だからね〜!

いろいろと勉強になった、そして疲れた2日間でした。
気がむいたら続編をアップしますのでお楽しみに〜!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


18−19ニユーモデル試乗会

2018/02/18 17:51
2月17日〜18日 三川温泉スキー場でアルペン スポーツデポ主催のニューモデル試乗会が開催されました。
オガサカ、フィッシャー、ハートの来期モデルが準備されていました。
試乗会として全国的にも早いほうだと思います。

TC−SAとKEO’SのRTを試乗しました。
TCは以前も使っていたことがありますが
技術選の小回り用の板でかなりしっかりしたターン感触でした。

RTは、ラディウスの発想を転換し
トップ、センター、テール毎のラディウスが表示されていました。
トップを回しやすく、テールわ使い易く・・・というコンセプトだそうでラディウスが3段階だそうです。
滑ってみるとトップの軽さを感じます。
しかし、とらえが甘いという感覚はなく、新コンセプトが感じられる板でした。

画像

画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


妙高国体

2018/02/15 21:20
妙高国体の役員にエントリーしていたのですが
休めない仕事が入りキャンセルしました。

・・・・・ところが、手が足りないのですね。
大会開会前の2月24〜25日の土日に手伝いに来てほしいという連絡があり
前泊で参加することになりました。

24日は午前7時からリフトに乗ってほしいということですが、仕事の内容は不明です。
リフトで移動だからゲレンデ仕事だろうと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


またまたダイナミックを滑る

2018/02/14 19:22
2月14日(水)

雪、雪、雪・・・から開放された仕事が休みの水曜日。
蔵の下屋の雪下ろし、通路の圧雪はぎ、農舎の屋根から滑り落ちた雪が下に着いてシャッターを押してる・・など
仕事はたくさんありましたが、午前中だけと決めて、三川SSに出勤。
生徒が一人だけでレッスンが無かったため、またまた、ダイナミックへ。

温度が上がって少し重い雪になりましたが新雪が約30センチ。
今期4回目のトライとなりました。

急斜面新雪の魅力は何だろうと考えると・・・・
落下、重力、リスク、誰も滑っていない斜面・・・などが面白いのだろうと思います。
ワクワクします。
滑るコースはいつも真正面の右側と決めてます。
・・・で、スタートで下を見て時間を置くといろいろ考えてしまうので、いきなり無心でGO。
そのほうがいいみたいです。無心で行く・・・か。

新しい雪を楽しんだ後は飛んで帰って
下屋、農舎裏の雪処理、圧雪はぎに汗を流しました。
画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Banchan/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる